2017年5月15日月曜日

気持ちのよい風をおとどけします!

 先週、市内の小学校の吹奏楽講習のフルート講師としていってきました。
午前中は、はじめてフルートを持った子、午後は、ある程度吹ける子との講習でした。
久しぶりに大勢の小学生との場をもち、すごくパワーを使ったので、ほんとにへとへとでしたが、あっという間にすぎた楽しい時間でした!
それぞれの個性を生かしてあげたい、できるものならこれから先、見てあげられたらいいのにな、と今回限りなのが、残念でした。

さて、今週の土曜日、5月20日、上田情報ライブラリーにて、フルートとピアノのコンサート「みどりの風にのせて」を行います。
前半は人物にスポットをあて、後半はフランスにスポットをあて、お楽しみい ただきます。
曲は、モーツァルトのアンダンテ、パラディスのシシリエンヌ、大江光のノクターン、ゴダールのワルツ、フォーレのシチリアーノ、ドビュッシーのシリンクス、プーランクのフルートソナタ、
ピアノソロで、ショパンのノクターン、革命、ファジルサイのトルコ行進曲「ジャズ」などです。

5月の爽やかで、豊かな風を感じていただけるようがんばっています!
まだ、チケットはございますので、是非、おいでくださいませ!

山口直美

2017年4月20日木曜日

フルートの音色をお楽しみください!

の地も桜が満開で、いよいよ春本番となりました。
この季節は、じっとしていられなくて、何かしたくてムズムズします。
ということで、演奏会のお知らせです。
『緑の風にのせて 〜フルートとピアノの夕べ〜』5月20日、18時45分開演、上田情報ライブラリーにてあります。
モーツァルトからプーランクまで、私の大好きな曲を演奏します。
皆さんにも気に入ってもらえると思いますので、是非お出かけください!
山口直美

iPhoneから送信

2017年4月4日火曜日

4月15日ホテルサイプレス軽井沢

4月15日ホテルサイプレス軽井沢にムージカ・エマセネポーがトリオで出演します。19時半、20時半からそれぞれ30分のラウンジコンサートです。映画音楽からビーザーまで、バラエティに富んだプログラムでお待ちいたしております。

2017年3月19日日曜日

ムージカ・エマセネポーのザ・クラシック・のど自慢!

  立科すずらん学級文化芸術鑑賞会に、今年もまたムージカ・エマセネポーがやってきます!今回はクラリネットとギターがのど自慢対決!楽器を歌いに歌わせ競います。審査員だったはずのお客様も、いつの間にかおもしろ楽しいボイストレーニングに巻き込まれ...!


3月24日13時30分開演

立科町老人福祉センター

無料です!

お問い合わせは、立科町教育委員会0267-56-2311






K.テンペストを観て

この間、松本市民芸術館での公演「K.テンペスト」を観てきました。

シェイクスピアの劇「テンペスト」を基に、串田さんの独自な解釈による、独特な空間と音楽を使ったものでした。

会場の中心にステージがあり、そのステージを取り囲むように客席があり、ステージの中にも客席があり、観客は好きな席で楽しむことができるようになっていました。

シェイクスピアの劇を詳しく知っている訳ではありませんが、私の中では、シェイクスピアは人間の持っている、欲や憎しみや妬みや愛情などの感情にスポットを当てて、どう生きるべきかを説いているのかと思っています。

「テンペスト」は、嵐という意味です が、権力闘争から生まれた呪いにより起こされた嵐で難破し、たどりついた孤島で繰り広げられる愛憎劇といったお話です。

串田さんの舞台は、今現在と物語の時代を交錯させたり、劇の人物とそれを演じている人を交錯させたり、はたまた観客をも巻き込んだりという、まるで嵐に遭っているといえなくもない感じに、生の音楽が効果音として用いられている、独特なものでした。
その公演にふれた結果、自分になにが落ちるのか楽しみにしていたのですが、あまり残った感がなく、「憎しみからは何も生まれない」ということを伝えたかったのかな、と想像する範疇でした。
でも、こうやっていろいろと思いをめぐらせることにも意味のあることなんだと思います。

< /div>
そんな「K.テンペスト」の感想を高校時代の友人に伝えたら、その友人が私に
「でも、憎しみってなかなか消せないんだよね。自分が、今の自分って幸せって思えると、消せるんだけど・・・許すって難しい・・・。」
と言ったその言葉が、一番ズシンときました。

よりよく生ききるために、まず自分を肯定する方向に近づけるきっかけになるような公演ができないだろうか・・・
すごく難しくて悩んでいますが、模索中です。

山口直美

2017年1月23日月曜日

なぜかやってくる!?

佐久市のコスモホールでの、文化事業団企画の、パフォーミング・アーツ・スタジオに参加してきました。

前半は、「俳優・語りすと」の肩書きを持つ、檀 鼓太郎氏の朗読講座、後半は、檀さんを含む3名の語り部の方の朗読鑑賞でした。

興味をもっていることに関することが、なぜかやってくるという経験をされたことありませんか?

今回、まさにそれでした!

普段の話し声から、発声がちゃんとしていたら、フルートを響かせるのも楽だろうな、よい発声について知りたいと思っていたところ、ちょうど当を得たことに触れられました。

音楽を表現するのも、朗読での表現も、共通すること ばかりで、おもしろかったです!

参加者は、ご年配の方がほとんどで、その好奇心あふれる元気さに感銘しましたが、若者たちが、もっと参加したら、よりよい相乗効果がありそうなのにと、少しもったいなく思いました。

山口直美

2016年12月17日土曜日

クリスマスコンサート

12月18日(日) 望月・多津衛民芸館にて、クリスマスコンサートをさせて頂きます。
ここは望月の町並みが一望でき、趣のある館内はとても落ち着く場所です。
お茶と手作りケーキ付きです。
ぜひ聴きにいらして下さい!

2016年12月5日月曜日

ゴッホとゴーギャン展

11月末に、東京にいる長男と、東京都美術館でやっている、「ゴッホとゴーギャン展」に行ってきました。

現実をみつめ描くゴッホに、想像をひろげ描くゴーギャン。二人は、生い立ちや性格だけでなく、絵画表現も大きく違います。

ゴッホは、より成長するために、画家たちに共同生活をしながら一緒に絵をかかないかと呼びかけますが、応えたのは、ゴーギャンのみでした。

ともに制作し、時には激しい議論を重ねながら刺激しあった共同生活は、約2ヶ月しか続かなかったけれど、確実に二人の人生にとって影響を与えた、そんな関わりのあった二人の作品展は、とても印象に残るものでした。

ゴッホは、精神 を病みピストル自殺をし、ゴーギャンは、純粋なものを求めていったマルキーズ諸島で、その理想にも裏切られたうえ病気に苦しめられ、こじき同然の最後をおくったという、壮絶な一生を送った二人の絵は、全く違って、でも、どちらも惹きつけるものをもっていました。

懸命に生きたあかしである作品たちは、なんか去りづらく、もう一度あいにいきたくています。

ところで、うちの息子は、絵より、まず、そのかざって額縁に目がいくようで、「この絵にこの額はあっている、あっていない、繊細な模様が彫ってあるんだなあ」、とぶつぶつとつぶやかれると、じゃまなことこの上なかったです。

世の中、いろいろなタイプの人間がいる・・・と思った 一日でした。

2016年11月24日木曜日

小平真司 モーツァルトコンチェルト 

11月20日、ホクト文化ホールにて、オーケストラ・ソノーレ長野の第32回定期演奏会での、モーツァルトクラリネットコンチェルトのソリストに、小平さんが招かれ、その演奏会を聴きに行きました。
ソノーレ長野の運営委員長の宮下さんの挨拶文に、小平さんを「数少ないバセットクラリネット奏者で、古楽にも造詣が深い方」と紹介し、「何度も練習に足を運んでくださり、一人一人が主役となって演奏することの大切さ、楽しさを伝えてくださいました」ということが書かれていましたが、まさにそれを感じさせてくれる演奏でした!

モーツァルトの音楽が、今この瞬間を生きているごとく生き生きと、それもみんなが一丸となって表現されてくる様に、感動さ え覚えました!
また、会場からのアンコールに応えた、チャルダッシュの演奏も、ばっちりキマリ、会場は、大喜びでした。

コンチェルトが終わって、休憩に入ったところで、お隣の老夫婦が、「楽しかったね!」と話している光景にふれ、幸せを感じました。

山口直美

2016年11月1日火曜日

ありがとうございました!

10月29日、なんだ館、30日、大門ホールにての、クラシック・ア・ゴーゴー、無事終了いたしました!

変わった編成による、ちょっと変わった楽しいコンサートとなりました!

ご来場、いただいた方々、誠にありがとうございました!